忍者ブログ

キャッシングのあれこれ

キャッシングについての情報

海外でキャッシングをする時の手数料

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

海外でキャッシングをする時の手数料

どんなことに気を付けて、海外でのキャッシングをすることになったら利用すれば良いのでしょうか。

すぐにATMなどで融資が受けられる海外キャッシングは、急に海外で現金が欲しくなった場合にとてもありがたいものです。

キャッシングの方法などを前もって調べておいてから海外旅行に出かけることで、予測しなかった出来事があっても対応できるのではないでしょうか。

借入金額以上のお金が、三種類海外でキャッシングを利用した場合にはかかります。
かかるお金はATMの手数料と、為替レートの変動による差分、キャッシングの利用料金となります。

お金を他の銀行ATMを使っておろしたときに日本でもかかりますが、ATM利用料とはその手数料と同じようなものです。
手数料はそんなに大金ではないので、そこまで気にするようなものではないでしょう。
もうひとつのキャッシングの利用料金も、キャッシングを日本国内で使う時と同様にかかる手数料のことをいいます。日本円と現地通貨の交換レートが、為替レートというものです。

キャッシングを国外でする場合、借りるのが現地通貨で、返済は日本円ですることになるでしょう。
TISレートを基準に、カード会社ごとに増える金額が決まっているのが、交換レートというものです。たとえばTISレート+0.5円がVISAカード、TISレート+4%がCITYBANKなどです。

前もって調べておいたほうが良いのは、海外でキャッシングをするかもしれない場合は以外と違いが大きいことがあるからです。
PR

コメント

P R